カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • 天然染め製品のお取り扱いについて

温度や湿度、その時の植物の調子、染め手の違いなど、
ほんの少しの環境の変化が、色合いに大きく影響する天然染め。
2つと同じ色に染めることはできませんが・・
その多彩なニュアンスが、天然染めの醍醐味であり
使い手にとっての楽しさでもあります。
自然の力を生地いっぱいに蓄えたバーンロムサイの天然染め。
ぜひお手に取って、その良さを実感してみてください。





Indigo (藍染)







バーンロムサイの藍染めは、藍の葉と茎を生のまま発酵させ、
ドロ状にした「泥藍」を使う手法で染められています。
化学的な色止めを行っていないため
長くお使いいただくことにより少しずつ藍が枯れ、色は浅く変化し、風合いも増していきます。

藍の色素は「直射日光と湿気」に弱く
購入当初は水濡れにより多少色落ちや色移りが、
また微量の光でも日焼けをしたり
畳んでおいておくことによるたたみ焼けを起こしますので、
以下の点にご注意いただきお取り扱いください。


〇購入当初は手洗いでの単独洗いをおすすめします。
 (2~3度お洗濯をして頂くと、水濡れによる色落ち・移りは落ち着きます。)
 藍には元々、抗菌や消臭などの効果があるため、大きな汚れがなければ
 洗剤を使わず手で優しく押し洗いしていただいても十分です。
 洗いの後は軽く絞ってタオルなどで軽く水気を取ってください。
〇日焼け・たたみ焼けを防ぐため、裏返した状態での影干しをおすすめします。
〇保管の際も日焼け・たたみ焼けを防ぐため、裏返した状態で丸め、出来るだけ日の当たらない暗所で保管してください。
〇適度な色落ちを楽しみたい場合は、色の濃いものと一緒に洗濯機で洗っても問題ありません。





Plant (草木染)







昔ながらの手法で染められる草木染めは、自然に生えている植物を使い
葉っぱや根を火にかけじっくりと煮出した汁に浸けて、1枚1枚手作業で染めていきます。
藍以上に弱い染料のため、長時間太陽の光に当てたり、濡れたまま放置すると
簡単に変色をおこしてしまいます。
藍染めと同様のお手入れ方法で、ご使用の際は特徴をご理解頂きご愛用ください。